Currently browsing author

Kirara

「重視すべきは学歴よりも人間性」

東京五輪は本当に開催できるのか。 コロナ感染者の全国的な拡がりのなか、前のめりの報道が目立ちます。 気持ちは分かりますが、相手は人智を越えた“敵”。 人間の都合だけを考えたイベントの強行は無謀では…。 開館直後のお客様は …

「無理は禁物。立って半畳 寝て一畳~」

急な冷え込みのせいなのか、色々な「Go Toキャンペーン」のせいなのか? コロナ感染者数が急増しています。 三蜜・消毒・マスク着用ーー今さらながらですが、細心の注意を払ってください。 秋晴れの某日、久しぶりに「築地のお爺 …

「好きこそモノの上手なれ」

コロナ感染者数が3桁のまま推移中です。 防止と経済を回すためのGo To キャンペーン。 あっちを立てれば、こっちが座る。 どこまで続く泥濘ぞ!――難しい問題です。 このところ増えているのが「お仕事の相談」です。 今日の …

「良縁良果 悪縁悪果」

ここ旬日、秋らしい穏やかな日が続いています。 ひと昔前は、読書の秋、食欲の秋、運動の秋といわれたものですが、 そんな言葉も今ではほとんど聞かれなくなりました。 慌ただしい毎日で人々の心に余裕が失くなっているのかも…。 若 …

「きらら館のポリシー」

日中は晴れ、時々曇り、ところによっては雨。 秋の天気は気まぐれとはいえ、今年は少し度が過ぎるのではwww と、ボヤいている間に今年もあと2ヶ月。 終わりよければすべてよし。 体調管理に留意して、さあ!ラストスパートです。 …

「男の美学」

コロナのせいで多くの企業でテレワークが導入されつつあり、 しかも、年末から来年にかけて大変な時代になりそうだといわれているのに、 都内の到る所に新しい、大きなビルがニョキニョキ。 ……素人目にも気になります。 午後2時の …

「人生到る処に青山あり」

秋を通り越して初冬の気配。 洋服選びに苦労する毎朝です。 寒暖の差は体調を崩しがち。 くれぐれも気をつけてください。 雨が降る寒い日、携帯電話に心細そうな声。 「きらら先生、Nですけど、きらら館が見つからないのですが…」 …

「わたしの孫は20人!」

一時はこの世の終わりのように騒がれたコロナ騒動なのに…。 喉元を過ぎてもいないのに、まるで終息したような浮かれムードです。 でも、油断大敵。 マスクの着用と手洗いの励行は忘れないようにしてください。 ちょうど予約のお客さ …

「大丈夫、深呼吸して臨めば万事OK!」

ようやく秋どころか、一気に初冬になった感じです。 季節の変わり目は体調を崩しがちです。 しっかり睡眠を摂って身体のリズムを整えてください。 「きらら先生~、やりました~」 定刻より10分も早くSさんがご来館。 こぼれるよ …

「混乱の時代こそ、心を穏やかに」‐2‐

北の海ではサンマが極度の不漁。 相模湾ではカツオが爆釣。 陸と同様、海でも異変続きです。 これは母なる海の人類の横暴に対する “警告”かも? 「ところで、今回のコロナ騒動で人々の生活様式が大きく変化しました。たとえばリモ …

「混乱の時代こそ、心を穏やかに」

9月も中旬というのに依然として日中は30度台。 春、夏、夏、冬……。 そのうち日本から「秋」は無くなるのでは? およそ5ヶ月ぶり、移転以来初めて、敬愛する築地のお爺さまが顔を見せてくれました。 「元気でやってますか?」 …

「内助の女神さま」

コロナに猛暑、そして大型台風。 一体、日本の未来はどうなるのでしょう。 「明日は明日の風が吹く」なんて言ってる場合じゃありません(´;ω;`)ウッ きらら館には色々なお仕事の方がお見えになりますが、先週のお客さまは開館以 …

「洋の東西を問わず人生を左右するのは『縁』!-2」

♪もうすぐ涼しい秋ですね~♪ ♪いや、いや、まだまだ暑い暑い夏ですよ~♪ 9月になったというのに残暑どころか、盛暑(*_*)のまま。 「季語」も真っ青の毎日ですが、規則正しい生活で体調管理に務めてください。 先週の続きで …

「洋の東西を問わず人生を左右するのは『縁』!」

いつまで続く熱い夜、早く吹け吹け秋の風。 来週からは9月というのに、「暑い」というより「熱い」毎日。 地球はもはや「温暖化」どころか、「熱帯化」に向かっているのでしょうか。 先日のお客さまは、北海道・釧路から。 「はじめ …

「夏のご挨拶」

涼 風 謹 呈 令和2年夏 日本はいつから熱帯になってしまったのでしょうか。 猛暑、炎暑、酷暑――3つの言葉を重ねても間に合わない。ホントに灼熱の毎日です。 おまけに暑くなったら下火になると言われていたのに、全国のコロナ …

「夏のご挨拶」

涼 風 謹 呈 令和2年夏 収束の気配が見えないコロナに加え猛暑。 まさに前門のトラ、後門のオオカミ状態。 今年の夏は踏んだり蹴ったりです。 ついつい気分もふさぎ勝ちになりますが、笑う門には福来る。 作り笑いでもいいです …

「人生到る処に青山あり」

八月、葉月。 遅まきながら、東京もやっと梅雨明け。 久しぶりのお日さまに、ちょっぴりホッ! 先週の富山県に続き、今日はお隣りの石川県からなつかしい声が届きました。 電話の主はご主人の転勤で現在は金沢市にお住いのCさんです …

tulip

「チューリップ県からのお客さま」

本来なら今頃は待望の東京五輪の真っ只中のはずなのに…。 来年の開催は大丈夫なのでしょうか。 一日も早いコロナワクチンの完成を願わずにはいられません。 ホントに久しぶり、Tさんが富山県から足を運んでくれました。 彼女は「渋 …

「利他の心」

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ 慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシヅカニワラッテヰル 一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ ヨクミ …

「無事こそ孝行」

記録的な大雨で熊本県をはじめ九州一円のみならず、近畿、中部地方にも大きな被害をもたらしました。 自然災害とはいえ、天に神がいるならば、あまりにも無慈悲な仕打ちに心が痛みます。 都内の感染者数が連日100人を越えた先週、豪 …

「親子二代の嬉しいご縁」

コロナ騒ぎで時を忘れている間にもう7月。 本来ならHave a Nice Summer!と快哉を叫ぶところですが、 終息には程遠いコロナに加え、今年は豪雨に地震、そしてアフリカでは バッタの大群と、芳しくないニュースばか …

「災い転じて福となす」

移動制限が解除されたことで、渋谷の街にも徐々に活気が戻りつつあります。 しかし、感染者数は連日、50人近く。 まだまだ油断は出来ません。 マスクは必携、蜜を避けた行動を心がけてください。 「10周年、おめでとうございます …

『❀新しいお部屋に移転しました❀』

早いもので、渋谷の街にお世話になって10年目になりました。ひとえに皆さまのご愛顧の賜物と、きらら館一同、心底より感謝申し上げます。これを機に5月26日に従来の「J+Rビル・8F」より徒歩25秒、夢二通りを挟んだ『サイトー …

『❀新しいお部屋に移転しました❀』

早いもので、渋谷の街にお世話になって10年目になりました。ひとえに皆さまのご愛顧の賜物と、きらら館一同、心底より感謝申し上げます。これを機に先月26日に従来の「J+Rビル・8F」より徒歩25秒、夢二通りを挟んだ『サイトー …

『❀新しいお部屋に移転しました!❀』

既にお知らせの通り、5月26日に従来の「J+Rビル・8F」より徒歩25秒、夢二通りを挟んだ反対側の『ハロー渋谷ビル』<5F・32号室>に移転しました。(1Fにファミリーマートが入っているビルです。詳細はHPのアクセス欄を …

『❀新しいお部屋に移転しました!❀』

先週もお知らせしましたが、5月26日に従来の「J+Rビル・8F」より徒歩25秒、夢二通りを挟んだ反対側の『ハロー渋谷ビル』<5F・32号室>に移転しました。(1Fにファミリーマートが入っているビルです。詳細はHPのアクセ …

『渋谷きらら館 移転のお知らせ』

渋谷きらら館を開設して10年になったのを機に、5月26日に現在の「J+Rビル」より徒歩25秒、夢二通りを挟んだ反対側の『ハロー渋谷ビル』<5F・32号室>(1Fがファミリーマートのビルです。詳細はHPのアクセス欄参照)に …

『渋谷・きらら館からのお知らせ』

先週、39県の非常事態宣言が解除されましたが、東京はもう少し先になりそうです。 「どこまで続く泥濘ぞ」――でも、ここで心を折ってしまっては元の木阿弥です。 月並みですが、「災い転じて福となす」――こんな時だからこそ自分を …

『渋谷・きらら館からのお知らせ』

毎日の感染者数は減っているものの、いつになったら普通の生活に戻れるのか。 閉塞感のなか世相は混沌としていますが、After night comes the day。  「今日が良くない状況でも明日がある。   悪い状況に …

『渋谷・きらら館からのお知らせ』

連休明けには外出自粛要請が解除されると思いきや、なんと1ヶ月の延長。 見えない敵が相手とはいえ、いつまで閉塞状態が続くのでしょうか。 『希望はすこぶる嘘つきであるが、とにかく我々を楽しい小径を経て、人生の終わりまで連れて …

『渋谷・きらら館からのお知らせ』

コロナ禍の拡大による前代未聞の事態に、いつもは賑やかな渋谷の街も様変わりです。 現在、『渋谷きらら館』は、原則としてご予約の方と電話鑑定ご希望の方のみの鑑定を承っています。 渋谷・きらら館

「断捨離のすゝめ」

道往く人も、電車の中も皆マスク。 以前なら異様だった光景も、今は当たり前の光景。 テレビを点ければ全局、足並み揃えてコロナ、コロナ。 まるで開票速報?のように「今日の感染者は○○人です、死亡者は□□人です」 陣頭指揮を執 …

「自分を信じて一打一打心を込めて」

恐るべしコロナウイルス。 外出自粛要請で賑やかな渋谷の街も様変わり。 いつもは渡るのに難儀するスクランブル交差点も人はまばらです。 「きらら館」も営業時間を短縮中。 まもなく6時、そろそろ看板を下げようと思っていたところ …

「男尊&女尊」

コロナ騒ぎにも我関せず。 さくらの花だけは、いつも通りにパッと咲いて、いつも通りにパッと散る。 羨ましく思いながら残り少ないさくらを見上げます。 今日のお客さまは、某大学病院に勤務する女医・Wさんです。 「結婚って何です …

「浮気虫封じをお願いされました」

東京五輪が来年に延期になりました。 その日を目指して切磋琢磨してきた選手たちには気の毒ですが、 禍を転じて福と為す。 この1年を有意義に活かして是非、メダルを目指して欲しいものです。 今日は祭日。 朝一番のお客さまは、東 …

「告白は4ヶ月後?」

3月は晴れの卒業式のシーズン。 それもコロナ騒ぎで在校生、来賓、父兄も列席しない味気ない式に。 仕方ないこととはいえ寂しい限りです。 「こんにちは。予約していないのですが、鑑定してもらえますか」 「はい、1時間ほどなら大 …