「明日は明日の風が吹く!?」

梅雨だというのに暑いですねえ。

すっかり夏です。

しかし夏の「気」の流れは他の季節より25%増しです。

「気」を味方に、暑さに負けず頑張りましょう!

「こんにちは~」

はて、入り口当たりで声がするような?
でも、2時まで予約も入ってないし、気のせいかな?

「こんにちは」

今度はハッキリ聞こえました。
お客様です。

きらら「は~い」

「予約をしていないのですが、いいですか?」

きらら「大丈夫ですよ。どうぞ」

グラビア雑誌から抜け出て来たような、とっても可愛いお嬢さんです。

Uさん「初めまして。Uと申します。よろしくお願いします」

きらら「外は暑かったでしょ。――冷たい珈琲?それとも紅茶がいいかしら?」

Uさん「ありがとうございます。珈琲をお願いします」

おっとりした話し方ですが、ちょっと元気がないのが気になります。

Uさん「この珈琲、とっても美味しいですね」

きらら「南アフリカの珈琲よ。癖がなくて美味しいでしょ」

汗が引いたところで、本題に入ります。

きらら「今日の相談は…?」

Uさん「自分に、自分の生き方に自信がないんです」

きらら「ちょっと待ってね」

生年月日をお伺いして鑑定させて戴きます。

きらら「Uさんの内面の性格は、明朗活発で自由奔放。何事にも積極的にぶつかることで更にパワーアップします。しかし、必要以上に他人の目を意識しすぎると、本来の性格が180度裏返しになってしまい、せっかくのパワーが急降下。途端に何事に対しても消極的。その結果、自信喪失という悪循環に陥ってしまうのよね」
開放された女性
Uさん「エッ、わたしの性格は、明朗活発、自由奔放なんですか?」

きらら「そうよ。それなのにUさんは、相手が自分のことをどんな風に思っているのか意識しすぎて、引っ込み思案になって、自分で自分の魅力を半減させているのよ」

Uさん「でも…」

きらら「中学生ぐらいまでのUさんは、お転婆だったでしょ」

Uさん「は、はい。――男の子の子分もいたし、クラスの”女番長”と呼ばれていました」

きらら「それが何かのきっかけで、もったいないことに20歳を過ぎてから『陽』から『陰』に急変。今のような性格になってしまった。――その原因は『失恋』じゃないかしら?」

Uさん「占いで、そんなことまで分かるんですか?――そうなんです。――当時、付き合っていた彼は、何から何まで、すべてが命令口調で『女はお淑やかであるべし』というのが口癖でした。その時は、彼のことが好きでしたから”命令”に従っていたのですが…。結局はフラれてしまいましたが、それ以来、今のような性格になってしまい、ずっと彼氏もできないままです」

きらら「あなたはとっても魅力的なのに、その魅力を半減させるなんて、とんでもない男だわね(笑)。――『明日は明日の風が吹く』――中学生時代に戻ったつもりで、世間の目を意識しないあなた本来の姿に戻れば、それこそ選ぶのに苦労するほど(笑)声が掛かるわよ」

Uさん「本当ですか!」

きらら「自分らしく伸び伸びと生きる!――そうすれば、Uさんは、現在の2倍、3倍、いやそれ以上に輝くはずよ」

Uさん「でも、そんなに急に変わったら周りのみんなが変に思うのでは?」

きらら「そら、また『周りの人が~』って言う!(笑)」

Uさん「は、はい。――たった今から、自分らしく生きるために中学生時代に戻ることを誓います(笑)」

きらら「合言葉は?」

Uさん「『明日は明日の風が吹く』です!(笑)」

きらら「その調子、その調子。頑張ってね!」

きらら(6/20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。