「別れて正解、明日は明日の風が吹く」

14355929131_9e6b1838c4_z
marumeganechan

みぞれ混じりの冷たい雨が降る夜のことです。
少し早目だけど、「そろそろ閉館にしようかな」と思案していたところへお客様がお見えになりました。

きらら「あらあら、どうしたの。ずぶ濡れじゃない。風邪ひくわよ。さあさ、タオルで髪を拭いて…」

思い詰めた顔で、何だか元気がありません。

きらら「珈琲飲む? それともお茶がいい?」

Rさん「あのう…お茶をお願いします」

ようやく口を開きました。

きらら「さあさ、元気を出して! 何を鑑定する?」

お茶を飲んで身体が温まったのか、表情に余裕が出て来ました。

Rさん「実は…ついさっき、1年半近く交際、結婚の約束をしていた彼に別れ話を切り出されて…目の前が真っ暗になって…宮下公園から、どこをどう歩いてきたのか分からないけど…ふと見たら、『きらら館』の看板が目に入って…わたし、これからどうすればいいんだろうと思って」

きらら「そうなんだ。でも、辛い気持ちは分かるけど駄目よ、雨の中を傘もささずに歩いちゃ。…まあ、これも何かのご縁。せっかく『きらら館』のドアを押してくれたんだもの、しっかりと心を癒して帰ってね」

Rさんと彼の生年月日をお伺いして、四柱推命で鑑定させて戴きました。

きらら「ごめんね。言葉を飾らずに言っていいかしら。別れて正解、大正解よ」

Rさん「エッ?」

きらら「あなたは本当に彼のことを好きだったの?」

Rさん「好き…だったと思います」

きらら「彼もあなたのことを真剣に愛していたのかしら?――彼は決して悪い人じゃないけど鑑定した限り、あなたとの相性は良くないどころか、はっきり言って『凶』。よく1年半もお付き合いしてきたと思います」

Rさん「……」

きらら「そんなに好きでもないのに、お互いが惰性というか、何となく付き合ってきたんじゃない?」

泣きじゃくりながら頷くRさん。

きらら「結婚の話は出てたの?」

Rさん「何度か聞いたのですが、『そのうち~』とか、『そうだね』ってとか、生返事ばかりで、はっきりした答は…」

きらら「彼も、あなたについては、嫌いじゃないけど、人生の伴侶とまでは思わない、いわば“漠然とした恋人”っていう感じで付き合ってきたと思うわ」

Rさん「彼は、『もう君とはこれ以上付き合えない』って言うだけで、はっきりした理由は言わなかったのですが、別れの原因は何だったのでしょうか?」

きらら「う~ん。彼は、ひとつ処に留まるのができない性格、つまり浮気性だから、多分、別の女性の許へ行ったと思うけど」

また涙です。(続く)

きらら(2/9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。