井筒和幸監督を占ってみました

『パッチギ』『岸和田少年愚連隊』をはじめ、『二代目はクリスチャン』『犬死にせしもの』『のど自慢』『黄金を抱いて翔べ』『ガキ帝国』、そして今年は話題作の『無頼』と、今や「昭和の時代」が産んだヒーローを描かせたら右に出る者なしと評判の井筒和幸監督を占ってみました。

井筒監督の生年月日は、1952年12月13日ですので、

年柱は、癸・巳・胎
月柱は、壬・子・劫財・建禄
日柱は、壬・辰・劫財・養
空亡は、午・未          となります。

性格は、おおらかで、知的好奇心はすこぶる旺盛。
発想力が豊かで、他人がやらないこと、人の意表をつくことに興味津々。
過去を振り返らず、常に前向き。

アイディア豊富で臨機応変。
何事もテキパキと処理する能力は人一倍。
言葉は少々乱暴(失礼!)でも、細かいところに気がつく心優しき熱血漢。
そんな井筒さんにとって「映画監督」はまさに天職です。

その反面、やや粘り強さに欠ける面があり、良くも悪くも見切り千両。
煩わしいことに直面するや、あっさりと撤退。
少年のような純粋な感性と正直さゆえに人を傷つけることも。
たまには、心を自由に解き放つ時間を持つべきでしょう。

今年は『4年成功』の3年目。
これまで以上に星の輝きが増しています。
年末に公開される映画のヒットを暗示しているのかもしれません。

健康面では循環器機能に黄信号が点滅しています。
無理と睡眠不足は禁物。
規則正しい生活を心がけてください。

きらら(5/23)