「愛があれば歳の差なんて…」

七夕。

せっかくのデートも曇り空。

でも、なぜ☆織姫と☆彦星は1年に1度しか会えないのでしょうか?

それは…。

最近、お手紙での相談が増えています。
昨日もこんなお手紙が来ました。
要約すると

『お付き合いしてからほぼ1年。
10歳年下の彼から今すぐにでも結婚しようと言われています。
彼のことは大好きです。
いつまでも一緒にいたいと思います。
しかし、10歳差という年齢のことを考えると、どうしても不安になってしまいます。
プロポーズを受けるべきか、断るべきか、迷っています』

もったいない話ですね。
歳の差?
それを承知で求婚してくれたのでしょ、彼は。
ウジウジ考えても歳の差が縮まるわけではないでしょ。

あなたと彼の相性はピッタリの93点。
同じ時期に結婚がめぐっています。
それが今年です。
次に同じがめぐって来るのは、彼は5年後、あなたは7年後。
ウジウジ迷っている場合ではありません。

世間は「10歳」という歳の差を好奇の目でみるかもしれません。
そんなのは無視、無視。
「それがどうしたの」って居直ればいいのよ。
自分は自分、他人は他人。
そんなことを気にする暇があったら、世間の人たちがうらやむような幸せな家庭を築くよう努力すればいいのよ。

善は急げ。
思い切って彼のプロポーズを受けるべきだと思います。

きらら(7/8)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。