「腐れ縁は離れず」

青いお空のそこふかく、

海の小石のそのように、

夜がくるまでしずんでる、

昼のお星はめにみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、

見えぬものでもあるんだよ。(金子みすゞ)

遠路、仙台から足を運んでくれたFさん。
スクリーンから抜け出てきた女優さんのような美しいお嬢さんです。

「付き合って2年にもなるのに、なかなか彼が結婚しようと言ってくれません。彼は本当にわたしと結婚する気はあるのでしょうか」

座るなり“直球”の相談です。

「まあまあ、珈琲でも飲んでゆっくり聞かせてくれる」

「でも時間が…」

「珈琲タイムはカウントしないので大丈夫。安心してゆっくり飲んでね」

しばしの四方山話。
落ち着いたところで、Fさんと彼の生年月日をお伺いして鑑定を開始。

「先生、いいことも悪いことも、はっきり言ってくださいね」

覚悟を決めた表情です。

「ひと言でいえば、ふたりは腐れ縁だわね。――知り合ったのは2年前の4月頃かな?」

「え~っと…そうです、そうです。でも知り合った時期って関係あるんですか?」

「出会うべくして出会った相手とは、100%上手くいくわね。――あなたが彼と出会ったのは、ちょうどふたりに『色情』が回っていた時だから、吸い寄せられるように意気投合しちゃったのね」

「え~っ、『色情』ですか。――何か嫌らしいニュアンスですねwww」

「まず、今のところ彼はあなたと結婚する気はないわよ。嫌いというのではなく、彼にとっては今のような中途半端な関係が一番、居心地がいいのよ。あなたもヤキモキしながらでも、彼と一緒にいると何となく安心してるんじゃないかしら」

「図星!――怖いなあ。じゃあ、ず~っとこんなズルズルの関係なんですか、わたしたちは?」

「腐れ縁は離れずと言って、なかなか切れないものだけど、来年の今頃に『縁絶ち』が回って来るから、その時が結婚のチャンスかもね」

「そのが回って来ると腐れ縁が切れるんですか?」

「但し、それまであなたが癇癪を起さなければ…」

「よし!その日を楽しみにして、今まで通りの自然な形で仲良くお付き合いすればいいんですね。――珈琲のお代わりをお願いしてもいいですか~」

きらら(6/23)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。