「失敗は気付き!」

初夏を通り越して既に真夏。

一体、地球はどうなってしまったのでしょうか。

7月、8月が思いやられます。

人生には、全力を尽くしても上手くいかないことは多々あります。

「わたし、もうだめ~」――多くの人は、これを失敗と捉えてしまい、諦めてしまいます。

しかし、成功する人は、そうは思いません。

「失敗は成功のもと」――失敗を新しい発見、つまり「気付き」と考えるのです。

同じ失敗なのに、それを「挫折」と採るか、「再チャレンジのヒント」と採るかでは大違いです。

では、「自分はダメだ」という考えから脱出するにはどうすればいいのでしょうか。

効果的な方法は、「過去の成功体験」を思い出し、それを「今回の失敗体験」の上に重ねるのです。

つまり、「もうダメだという思い込み」を「過去の成功した時の記憶」で覆い隠し、次は「きっと上手くいく」と自分に暗示をかけるのです。

そんなバカな!と思う方もいらっしゃると思いますが、気持の持ち方ひとつです。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」――是非、トライしてみてください。

せっかくの失敗ですもの、無駄にしてはもったいありません。

失敗を次の成功に役立ててこそ進歩があるのです。

きらら(6/2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。