「六月の花嫁」


JUNE BRIDE。
昨年は2回、結婚式の披露宴に招かれました。
ひと組は「きらら館」で紹介したカップルです。
スピーチを依頼された時は、いつも詩人・故吉野弘さんの「祝婚歌」の一節を朗読することにしています。

祝婚歌(抜粋)

二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気付いているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気付いているほうがいい

吉野さんの詩は、結婚期間の長短を問わず、すべての夫婦の心に沁みる珠玉の言葉で埋め尽くされています。

きらら(6/10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。