「奇遇も奇遇のHappy DAY!」

雨は降らないもののスッキリしない天候の毎日。

風邪マスクの人が目立ちます。

体調管理に細心の注意を心掛けてください。

午後一番のお客さまはWさん。
それも遥々、愛知県から。
感謝です。

鑑定終了後の雑談中のこと。
Wさんのアクセントが、どことなく信州訛りのような気がしたので、相談内容も深刻なものでなかったこともあって、思い切って聞いてみました。

「お生まれはどこ?」

「長野県です」

「あらあ、わたしもよ。道理で…」

「えっ、そうなんですか?」

「現在は仕事の都合で名古屋に住んでいますが、産まれも育ちも信州A町です」

「お父さまもお母さまも?」

「はい。父は隣りのB市ですが、母はA町です」

故郷が同じとあらば、親近感はMAX。

「聞いてもいいかな? お母さまの旧姓は?」

Wさんも興味津々の様子。

「Cですけど…」

「C?――ひょっとしたらお母さまと中学、高校の同級生かも?」

「ええ~っ。ホントですか?」

念のためフルネームを聞いて――間違いありません。

「そうなんだ。Cちゃんの娘さんなんだ」

どことなく、ン十年前のCちゃんに似ているような…。

「世間は広いようで狭いですねwww」

「お母さまとは、とっても仲が良くて、休み時間はいつも一緒で…」

「当時の母はどうでした?」

「わたしはお転婆だったけど、お母さまはもの静かでお勉強もよくできたわよ」

「そうなんですか。現在の母と正反対ですwww」

あれやこれや、次の予約のお客さまがお見えになるまで、思い出話に花が咲きっ放し。

「今度、田舎に帰ったら、母にきらら先生と渋谷で会ったことを報告します」

「機会があったらCちゃんと一緒に来てね」

                            「は~い」

奇遇も奇遇のHappy Dayでした。

きらら(5/28)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。