「籠に乗る人 担ぐ人 そのまた草鞋を作る人」

東京も開花宣言。

平年より9日も早いとのこと。

サクラは心をウキウキさせてくれる不思議な🌸。

葉っぱがないせいかも?

今日も無事に一日が終了しました。
そろそろ閉館にしようかな…。
ふと見ると玄関前に人影。

何だか浮かない顔の男の子。

「予約していないんですが、いいですか?」

「どうぞ。もうお終いにするところだったけど、大丈夫よ」

「すみません」

紺の背広にストライブのネクタイ。
しっかりとリクルートルックで決めていますが、覇気が感じられません。

「珈琲、飲む?」

「はい。いただきます」

「就活?」

「はい。今日も会社訪問をしてきました」

珈琲を飲んで落ち着いたのか、少し元気になったようです。

「どんな仕事に就けばいいのか、占って欲しくて…」

「その前に、あなたはどんなお仕事をしたいの?」

「本当は農業関係、野菜の種とか苗の会社に入りたいのですが…」

「ン?本当は、ということは…」

「母が大反対しているんです。母は、おじいちゃんが銀行員だったせいでしょうか、何が何でも銀行に入りなさいと…」

「だって、就職するのはあなたであって、お母さんじゃないでしょ」

「そうなんですけど…」

生年月日をお聞きして鑑定開始。

「あなたが持っているのは、コツコツと何かを研究する創造。種とか苗の研究はピッタリだわよ。お母さんが勧める銀行員は、あなたに最も向かない職種だけど…」

「僕の選択は正しかったんですね」

「就職するのはあなたよ。そのあなたが自分自身を信じ、自分の人生は自分で決める!の心意気を持ってシャキっとしなくちゃ…。その熱意で説得すればお母さんだって分ってくれるわよ」

「そうですね」

「『世の中は 籠に乗る人 担ぐ人 そのまた草鞋を作る人』――みんなが籠に乗ろうとしたって、草鞋を作る人、籠を担ぐ人がいなきゃ無理でしょ。自分の好きなこと、やりたいことに一生懸命励んで社会に貢献する。それこそが最高の人生だと思うけどなあ」

「何だか勇気が湧いてきました」

「あなたの持っている創造は大きいんだから、過信するぐらい自信を持って就活に臨めば大丈夫よ!」

「はい。頑張ります。内定が取れたらまた報告に来ます」

「楽しみに待ってるわよwww」

きらら(3/19)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。