『女は度胸。当たって砕けろ!』

朝夕はすっかり冬。

電車の中でもくしゃみをする人が増えてきました。

風邪は万病のもとです。

気をつけてくださいね。

「きらら先生、どうしたらいいの?」

入ってくるなり大泣きのSさん。

先月に続いて、今日で2度目です。

「どうしたの?せっかくの美人が台無しじゃないの」

モデルかタレントにもなれそうなホントに美人です。

「さあ、珈琲を呑んで落ち着いて…」

少し落ち着いたようです。

「彼に振られたんです」

まだヒクヒクと泣きじゃくっています。

「彼って、わたしが『友達としてはいいけど、深い関係になってはダメ』と鑑定した、あの彼?」

「はい」

涙声なので「ひゃい」と聞こえます。

「きらら先生からはダメと言われたけど、『そんなはずはない。わたしなら絶対大丈夫!』と思って、わたしなりに一生懸命、尽くしたつもりだったのですが、何度も『ウザイ!』って言われて…」

わたしも目を真っ赤にしたSさんに「だから言ったじゃない」とは言えません。
戸惑っているわたしにSさんから唐突な質問が…。

「わたしに男運は無いのですか?」

「そんなことはないわ。確か、あなたは〇年◇月△生まれだったわね」

「凄い、先生。わたしの生年月日、覚えてくれていたの?」

「わたしも不思議なんだけど一度、鑑定させてもらった人は、名前は忘れることはあっても、生年月日だけは、しっかり覚えているのよ」

「わあ、感激で~す」

「そんなことより、あなたの恋愛運だけど――来年の2月か3月に大きな『恋愛』が回って来るわよ」

「来年かあ~」

「それはそうと2年前に別れた彼はどうしてる?――彼こそあなたにピッタリだったんだけど…」

「彼が外国に転勤したことで何となく縁遠くなってしまい、私の方から別れを切り出したのですが…。そういえば来年、帰国するらしいと彼の友人が言ってたような…」

「彼は大人だから、我儘なあなたをスッポリ包んでくれるし、あなたもピリピリしないで済むし、それでお互いが居心地がいいんだから、ベスト・カップルよ。帰国したら再アタックしてみるべきだと思うけどなあ」

「向こうで恋人が出来てるんじゃないかな?」

「彼はイケメンだけど、堅い性格だからいないと思うよ」

「だったらいいけど…」

「あなたらしくもなく、何を躊躇しているの?――女は度胸。当たって砕けろよ(笑)」

「は~い。彼の帰国が待ち遠しいなあ」

さっきまで泣いていたのが嘘のように晴れ晴れとした顔です。

「思い切って、彼を迎えに行こうかな?」

「それもいいわね」

「先生、当たって砕けろですよね。よし、決めた」

思い切りの良さに苦笑。

「思い切って彼の胸に飛び込むのよ!」

「はい!頑張ります。結果はまた報告に来ま~す」

「吉報を待っていますよwww」

きらら(11/13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。