『深夜の国際電話』

某月某日午前零時ごろ。

「おかん?」

「はい、はい。久しぶりだね。元気?今、どこ?」

「南アフリカだよ」

「え~っ、南アフリカってアフリカ大陸の下の方の?」

急いで地球儀。
なるほど、なるほど!

「もうすぐケープタウンに入港で~す」

「南極に近いわよね、南アフリカって。寒くないの?」

「まだ、寒くないよ。ペンギン鳥の群れが船の横を泳いでいるよ」

「ペンギン?」

「船が近づくと餌をくれると思って寄ってくるんだよ」

「動物園でしか見たことないけど、可愛いでしょ」

「あんまりいっぱいいるので全然、可愛くないんですけどwww」

「今日は上陸できるの?」

「アイアイサー!」

「何、それ?」

「テーブル・マウンテンには行ってみようと…」

「何なの、テーブルなんとかって?」

「何も知らないんだね、おかんは。後で、ネットで調べてよ」

「だって、行ったことないんだもの」

「いつか、連れてってあげるよ」

「外国より日本の温泉に行きたいな」

「今、南アフリカに行きたいって言ったくせに、日本の温泉かよ?銭湯にでも行ってこいよwww」

「お土産は何があるの?」

「ルイボスティー!」

「何それ?」

「ナ~ンも知らないんだねwww」

ルイボスティーはカフェインのないお茶のようです。

「後はワインかチョコレートぐらいだね」

「赤ワインをお願いします」

「おとんは?」

「もう寝てるけど、絵葉書でいいんじゃない?」

「おかんはルイボスティとワインで、おとんは絵葉書かよ!www。あと15分で入港だから電話切るよ。風邪ひくなよ。またね」

「ケガしないようにね。それじゃあね」

電話の相手は息子から。

きらら(10/23)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。