『鳴いたカラスがもう笑った』

暑中お見舞い申し上げます

向暑の折 呉々もご自愛ください

 渋谷きらら館・スタッフ一同

「暑~い。もうヘトヘト」

ハンカチを手に、ぐったりした表情のSさん。
冷たいおしぼりと麦茶でようやくの笑顔。

「もうお化粧がグチャグチャじゃない。トイレで直してらっしゃい」

CUTE LADYに“変身”したSさん。
早速、いつもの“ワンマンショー”の始まりと思いきや…。
今日は何だか、様子が違います。

「どうしたの。彼と何かあったの?」

図星でした。

「昨夜、彼と別れました。わたしの方から別れを告げました。両親にも紹介、結婚を約束していたのに、ちょっとしたことで口論になって、売り言葉に買い言葉で、『別れましょ』って言ってしまったのです」

ここまで言って、突然の涙です。

「きらら先生には、『彼は“三国一の花婿”だし、彼にとっても、あなたは“三国一の花嫁”だから、絶対に結婚します』と太鼓判を押されたのに、こんなことになって申し訳ありません」

「わたしに謝らなくてもいいけど、本当に彼が嫌いになったの?」

「好きです、大好きです」

「彼も今頃、あなたと同じ気持ちで、どうしたらいいか悩んでいるはずよ」

「彼も…ですか?」

「先月かな、『8月初旬までは、あなたたちふたりとも、心が落ち着かない時期だから、つまらないことで衝突するかもしれないけど気をつけるのよ』って言ったはずよ」

「はい。先生には、そう言われました」

「円い卵も切り様で四角。――本音をぶつけ合うのは、とってもいいことだけど、いくら正論でも、その言い方によっては、温厚な彼でもムカッとするわよ。あなたは頑固だからwww相当、強く言ったんじゃないの?」

「はい。言い過ぎたと思っています」

涙をいっぱい溜めた目でわたしを見つめるSさん。

「もう彼と仲直りできませんか?」

「できるわよ。あなたたちは、ちょっとやそっとでは別れない縁で結ばれていますwww。――しっかり反省していればwww明日にも彼から電話があるはずよ、いや、絶対にあります。心配無用ですよ」

「ホ、ホントですか?――嬉しいなあwww」

鳴いたカラスがもう笑った。

「婚約するのは9月か10月。結婚は来年5月か6月になりそうよ」

「そんなことまで分かるんですか!――実は、別れる前には、ふたりでそう決めていたんです!」

「何事も無理をせず、彼を信じ、自分を信じ、自然な流れに乗って行けば、あなたたちは万事うまく行くんだから…」

「はい。もし、仲直りできれば、今後は素直な気持ちで彼に接して行きます」

「『もし』じゃなく、仲直りしますからwww」

「はい。肝に銘じます」

後日談。
翌々日、彼から電話があって仲直りした由。
9月に婚約することになったそうです。

はてさて、今度はどんな顔でお見えになるのやらwww。

きらら(7/10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。