『比翼連理』

7月。

1年の折り返しです。

いよいよ夏本番。

暑さに負けないように…。

「JUNE BRIDE」――珍しく先月は3組もの結婚式の招待状を戴きました。
いずれも『きらら館』のお客さまからです。

2組は都内での挙式でしたので出席させて戴きましたが、あとの1組は北海道。
日程の都合がつかず、残念ながら欠席。
そのWさんが、新婚旅行の途中で、夫君と一緒に「きらら館」に顔を見せてくれました。

「こんにちは~。お久しぶりです」

「結婚式は出席できなくてごめんなさいね」

「とんでもありません。涙が出るようなメッセージを戴いたし、ありがとうございました。飛行機に乗ればすぐとはいえ、やっぱり北海道は遠いですもの。きらら先生、こちらが夫のMです」

「初めましてMです。先生のことは彼女から何度も聞かされました。僕たちの結婚をバックアップして下さって本当にありがとうございました」

「そうよ。先生は、結婚に大反対のわたしの両親を『彼は間違いない人物です。こんな素晴らしい縁談に反対するなとんでもありません』って、親身になって説得してくれたのよ」

「そのことは彼女から散々、聞かされましたwww。改めてありがとうございました」

「まあまあ、いつまでも立ってないで座って。珈琲を淹れるわね」

実にお似合い。
新婚直後とはいえ、Wさんの表情は、結婚前とは雲泥の差。
我ながらナイス・カップルと確信しました。

「新婚旅行はどこへ行くの?」

「アフリカです。僕は仕事で何度も行ってるので国内がいいと思ったのですが、
彼女がどうしてもピラミッドが観たいというもので…」

「日本だったらいつでも行けるし、サハラ砂漠でもう一度、ふたりだけで愛を確かめたくて…」

「はいはい、ごちそうさまですwww。ご両親は、その後どう?」

「豹変の一語に尽きます。父は、結婚式で彼に『娘をよろしく頼む』って恥ずかしいぐらい大泣きするしwww、母は母で『わたしは最初からいい人だと思っていたのに、お父さんが反対するから…』って責任転嫁するしwwwふたりとも大喜びです。すべてはきらら先生がガツンと言ってくれたお蔭です」

「いえいえ、わたしは“幸せカップル”の背中を押しただけよ。あなたたちふたりは、ともに最高の伴侶と結ばれたのですから『初心忘るるべからず』。長い人生は山あり、谷ありだけど、助け合い、いたわり合って乗り越えてね」

「はい。先生に戴いた『比翼連理』の色紙は毎日見れるように玄関に飾りました」

「ヘタな字なのに恥ずかしいわねえ。恐縮ですwww。出発は明日?」

「はい。今夜は両親のところに泊ります。『泊れ、泊れ』って煩いので…www」

「当然、明日は成田まで送って来るんでしょwww」

「空港で泣かれると恥ずかしいのでwww見送りは要らないって言ったのに聞かないんですからwww」

「男兄弟ばかりのひとり娘だから仕方ないわねwww。それも親孝行よ」

「お土産買ってきますから、楽しみにしていてくださいね」

幸せいっぱい、夢いっぱい。
まるで『新婚さん いらっしゃい』の会場になった『きらら館』でした。

きらら(7/3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。