『彼は“サラダドレッシング”⁉』

雨も上がって、いよいよ夏。

「暑いね」という言葉が挨拶代わりになる季節の到来です。

「せんせぇ~い」

入口あたりで声を聴くだけで泣いているのが分かる声がします。
社会人1年生のKさんです。

「どうしたの。せっかくの美人が台無しじゃない」

まだ泣きじゃくっています。

「さあさ、涙を拭いて。珈琲を淹れましたよ」

「やっぱり、彼にフラれちゃいました」

「失恋の1回や2回でくよくよしないのよ」

「きらら先生から『彼は、あなたにとって“サラダドレッシング”みたいな男。テーブルに置いている時は“澄みきっている”けど、少し振ると“濁ってくる”から深いお付き合いは止めた方がいいわよ』って言われたのに、それをわたしは…」

「人生いろいろ、男もいろいろ。今回の失恋も経験よ」

「生意気にも『わたしは、きらら先生の占いより、自分の目を信じます』なんて言って、ホントにバカでした」

「バカとか、利口とかではなくて、男と女の関係は、結局は『心が合う、合わない』の問題よ。恰好いいからとか、可愛いからとか、目に見えることだけで、上手くいくなら苦労はないでしょ」

「今回の失恋で自信喪失。男の人とお付き合いするのが怖くなりました」

「それは間違いだと思うけどなあ。気持ちが合わない人に合わせようとするから苦しいのであって、合う人とは、無理をしなくても合うもの。恋愛で一番、しんどいのは、何とか気に入られよう、嫌われないようにしようと背伸びすることよ」

「わたしと彼の愛称度数は68点でした。先生の点数が何点以上だったらよかったのですか?」

「わたしの経験では、きらら式相性度数が92点以上は◎、91~82点なら〇、82~73点なら△、73点以下は、まず×ね」

「わたしは×だったんですね」

「恋は盲目だもん、仕方ないわよ。今回のことを良い経験にして、次は幸せを掴めばいいのよ」

「でも、最初の頃の彼はとっても優しかったのになあ。男の人って、なぜあんな風に180度変われるんですかね」

「男心だけじゃなく、女心も秋の風。どっちも移ろいやすいものよ。今度は是非、82点以上の彼氏を見つけてくださいwww」

「がんばりま~す」

お化粧でグチャグチャになったKさんの顔に、ようやく笑顔が戻りました。

きらら(5/28)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。