『仲良し姉妹に乾杯!』

春が終われば初夏。

 

♪卯の花の 匂う垣根に

 ホトトギス 早も来鳴きて

 忍音もらす 夏は来ぬ♪

 

小学生の頃によく歌った『夏は来ぬ』の1番の歌詞です。

でも、卯の花(うのはな)ってどんな花?

忍音(しのびね)って何?

「卯の花」は、ウツギの花で、「忍音」は、ホトトギスの鳴き声のことですって。

皆さんはご存知でした?

母の日の前日。午後6時。
まるでモデルさんみたいに可愛い女性2人が来店。

「インターネットを見て来ました。占いは初めてですが、いいですかぁ」

「どうぞ~。お入りください」

仲良く並んで着席。

「珈琲がいい? それとも紅茶かな?」

「あのう、わたしはそこのお水がいいんですけど…」

冷蔵庫の上の水素水のパックを指さしています。

「水素水、大好きなんです。珈琲がいいわよね、お姉ちゃんは」

姉妹のようです。

「わたしは、もう結婚しているのでいいんですが、お姉ちゃんの結婚時期について占って欲しいんです」

お姉ちゃん思いのチャキチャキの妹さんに、いかにもおっとりしたお姉さん。
ほほえましい姉妹です。

「じゃあ、お姉さまの結婚時期について鑑定しますね」

お姉さんより妹さんの方が、熱心にわたしの手許を見ています。

「いつですか、お姉ちゃんが結婚できるのは?」

「妹さん、心配無用ですよwww。――今年の11月か、12月。年末に運命の人に出会うでしょう。そして結婚は、来年の4月か、もしくは9月。お相手は3~4歳、年上の人です」

「お姉ちゃんは、ちょっとファザー・コンプレックスみたいだから、もう少し年上でもいいのになあwww。でも、お姉ちゃん、良かったね」

「あなたも赤ちゃんのこと観てもらったら…」

次に、妹さんのことを案じるお姉さんの“依頼”です。

「そうなんです。全然、妊娠する気配がないんです。お医者様に見てもらったところ、主人もわたしにも問題がないと言われたんですけど…」

「ちょっと待ってね。――大丈夫よ。妹さんには『子ども★』が2つあるんだけど、ひとつ目の『★』が輝くのは今年の暮れ。産まれるのは来年の8月か、9月かな。ひょっとしたらお姉さんの結婚と重なるかもね」

「わお~っ、すごいなあ!――占いって、そんなことまで分かるんですか。来年、産まれるのは男の子ですか、女の子ですか」

「分かるけど、それは今、言わない方が神秘的でいいんじゃないかな」

「そうよ。あなたは、そそっかしいんだから。妊娠が分かったら、また先生のところに来て教えてもらえばいいじゃないの」

お姉さんの“貫禄のひと言”に妹さんも納得です。

ご結婚に、ご出産。――爽やかなご姉妹に乾杯!

きらら(5/22)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。