『ひな祭り・頑張れAちゃん!』

♪♪灯りを点けましょ雪洞に お花を活けましょ桃の花♪♪

先週の金曜日は「ひな祭り」でした。

年に1度。
「ひな祭り」の日に必ず顔を見せてくれるのが、今をときめく人気俳優のAちゃんです。

Aちゃんに初めて会ったのは5年前のひな祭りの日でした。

丁度、予約のお客様の鑑定が終了。
一息入れていた時でした。

「今、酒屋さんのビルの前にいるんですけど、お伺いしていいでしょうか」

「はい。どうぞ。8階ですよ」

幼さが残る声だったので、エレベーターまでお迎えに行きました。

愛くるしい表情とハッとさせられる目力、そして天性の人懐っこさ。
周りの人すべてを虜にするオーラ。
お部屋が「お花畑」になったような気がしたことを今でもはっきり覚えています。

「占いは初めてですが、よろしくお願いします」

高校生でしょうか、素敵な制服を着たHちゃんがピョコンと頭を下げます。

「学校の帰り?」

「いえ。これからオーデイションを受けに行くんです」

「へえ。何のオーディションなの?」

「ある映画のオーディションですが、合格するか、どうか占って欲しくて…」

少し緊張気味です。

「分かりました。固くならずに、今淹れたところだけど珈琲、飲む?」

「いただきます」

わたしにすれば、孫の世代。
ついつい”お婆ちゃん”になったような気になってしまいます。

生年月日を聞いて鑑定を開始します。

「これが芸能界に入る人にとって一番大切な『人気★』なんだけど、凄いわね。89点よ。特に先週から来月初めにかけては96点。そして、これが『名誉★』で、う~ん、これは来年には90点を越えるわね。あと周囲の『応援★』が、これもいいわね、91点よ」

「それって100点満点ですか?」

「そうよ。96点は滅多にないんだけど、90点以上なら大抵のオーディションは合格。96点は大きな役がもらえる点数よ」

「ホ、ホントですか!」

「後は気持ちだけ。固くならずに、自然体で臨めば、今日のオーディションは100%、合格よ。頑張ってね」

決して気休めではなく、Aちゃんの合格は絶対的な確信があったから、100%という数字を口にしたのです。

「勇気を出して(きらら館に)来て良かった。さっきまでは不安だったけど、何だか勇気が湧いてきました。頑張ります」

早いもので、あれから5年。

芸能界入りのきっかけとなったオーディションに太鼓判を押しただけなのに、Aちゃんは今年も律儀に顔を見せてくれました。

頑張れ、Aちゃん!

きらら(3/6)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。