『未来の大スター』

「お~寒い、寒い」

独り言を言いながらエレベーターを降りたら、目の前にYちゃん。

「おばちゃん、こんにちは」

「あれっ、Yちゃん。どうしたの、ひとりで?」

「ママが『デパートで買い物して行くから、先に行って待ってなさい』って」

Yちゃんは、これまでに何本ものテレビや映画に出演している、とっても可愛い子役タレントです。

お母様のCさんは、某広告代理にお勤めしていた時、『きらら占い教室』に通っていた、いわばわたしの一番最初の”教え子”なんです。

彼女はその後、現在のご主人と結婚。産まれたのがCちゃんというわけです。

Yちゃんと出演したドラマのことを話しているところへCさんが笑顔でお見えになりました。

「きらら先生、明けましておめでとうございます。娘ともども、今年もよろしくお願いしま~す」

「おめでとうございます。わたしの方こそよろしくね」

「Yちゃん、随分がんばってるじゃない。この前もテレビで観たわよ」

「まだまだだけど、きらら先生に芸名を付けて戴いたお蔭で、ボツボツ良い役がもらえるようになりました」

「『あせらず、あわてず、無理をせず』――Yちゃんがタレントとして華を咲かせるのは5年先だからね。将来、本気で芸能界で活躍したいのなら、今はいろんなことを勉強させてあげた方がYちゃんのためだと思うわよ」

「お爺ちゃんやお婆ちゃんは孫可愛さで喜んでいますが、主人はあまり芸能界が好きでないようで…」

「まあ、今の段階で決める必要はないから、自然の流れで、芸能界に進むもよし、他の分野に進むもよし。YちゃんにはYちゃんの人生があるんだから、とにかく神経質に考えないことね」

「才能も必要だけど、運もあるし、足の引っ張り合いもある厳しい世界ですから、わたしもその辺のことは分かっているつもりです」

「Yちゃんは、学校へはキチンと行ってる?」

「わたし、お芝居するのは好きだけど、学校はもっと好きだから、お仕事がない時には遅刻しないで行ってるよ」

Yちゃんがクッキーを頬張りながらVサインを出します。

「エライ、エライ。文武両道。しっかり頑張ってよ」

「ママ、『ぶんぶりょうどう』ってな~に?」

「お勉強もお芝居も、一生懸命頑張りなさいということよ」

「は~い」

1月某日。和やかな会話に花が咲いた新春の「きらら館」でした。

きらら(1/23)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。