「目指せ、2020東京五輪!」

寒~い。

北海道や北陸地方は大雪とか。

風邪を引かないよう皆さんも十分に気をつけてください。

本日、午後一番のお客様はオリンピックにも出場したことのあるKさんです。
古くからの知り合いの方の紹介です。

2010年東京五輪を目指して競技者生活を続けるか、それとも思い切って選手生活にピリオドを打つべきか。占って欲しいという依頼です。

スポーツは卓球以外サッパリのわたしですが、勇気を出して(笑)お引き受けしました。

「はじめまして。よろしくお願いします」

マイナー種目のため、Kさんの名を知る人は多くありませんが、日本では第一人者。
表情は凛々しく、全身から発するオーラは特大です。

「ようこそ。そんなに固くならずに…」

緊張を和らげるために珈琲を勧めました。

「美味しいですね、この珈琲!」

ひと息ついて、少しは緊張がほぐれたようです。

「オリンピックに出場するだけでも大変でしょ」

「まあ、それなりに。でも人気のない種目ですから注目もされなかったし、開会式の員数合わせというか、参加することに意義があるような出場でした(笑)」

謙虚さMAXのKさんです。

東京五輪

「オリンピックに出た時は予選で敗退。以後は、練習中のケガもあって成績が振るわなくて。若い人も出てきてるし、もう引退した方がいいのかな?なんて思ったりして…」

口から出るのはアスリートには禁句のネガティヴな言葉ばかりです。

生年月日をお伺いして2020年の「エネルギー★」を鑑定しました。

「結論から言いますね。諦めちゃだめです。2020年を目指して頑張ってください。前回のオリンピック出場の時の『エネルギー★』の数を10個とすると、2018年が14、19年が18、20年には19個も出ています。勝負エネルギーに関する限り、前回以上の成績が残せると思います。もちろん勝負には相手があります。いくらあなたが100%以上の力を発揮してもメダルには届かないかもしれません。しかし、少なくとも前回のような悔いは残らないはずです」

「ホ、ホントですか!――前回の2倍近くのエネルギー★があれば、ひょっとして…」

「2019~2020年は、あなたにとってこれまでで最強運の年です。『ひょっとするかも』どころか、『ひょっとする』と思いますよ」

「あのう、これって気休めじゃないですよね!」

「わたしは気休めとか、お世辞は言わないことにしていますから…(笑)。後は、Kさん自身がお決めになることです」

「何だか力が湧いて来たような…(笑)。よ~し。もう一度、頑張ってみようかな(笑)」

あと3年半で2020年。――Kさんの晴れの舞台での活躍を楽しみにしています。

きらら(12/12)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。