「そんなオトコは……(怒)」

新緑きらら「そんなオトコは人間の屑です。さっさと踏ん切りをつけて新しい一歩を踏み出しなさい!」

今まで一度もキツイ言葉を口にしたことのない私ですが、今回ばかりは心を鬼にして、A子さんを窘めました。

A子さんは2度目の来館です。
1度目は5歳年上の彼との「相性」を観て欲しいというものでした。
鑑定の結果は気の毒なほどに「最悪」でした。
その時のA子さんは「でも、でも…私は彼のことが好きなんです」と言って、肩を落として帰られました。

A子さん「この前は細かいことが言えなくて…」

言葉を詰まらせながら、彼との関係を語り始めました。

・この前占って貰った彼とは結婚を前提に6年間付き合ってきた。
・「籍を入れるまで産むのは待て」と言われて、これまでに2度中絶した。
・突然、彼から別の女性と結婚するから別れたいと言われた。
・それでも彼のことが好きなので、愛人でもいいから一生ついて行きたいと思い、電話をしたが、「とにかく別れたい」「金輪際会いたくない」「お前はストーカーだ」と罵倒され、最近は電話にも出てくれない。
・先日、いてもたってもいられず彼の自宅を訪問したところ「君は誰だ?」と不審者呼ばわりされて追い返された。
・それでも彼のことは大好きで離れたくない。
・ノイローゼになってこの前まで病院に通っていた。
・両親がお見合いを勧めるが、その気になれない。
・今後、私はどうすればいいのか?

残酷すぎます!…あまりにも彼の非情極まる身勝手な仕打ちを聞いた、私の結論が冒頭の言葉です。

きらら「別の女性と結婚するために、長年付き合ってきたあなたを敝履のように捨て、ストーカー呼ばわりしたうえ、ボロボロになったあなたが訪ねて行っても不審者呼ばわりして逃げ続ける彼の正体にいい加減目を覚ますべきです。彼はあなたを自分の欲望の捌け口として利用したにすぎません。たとえ彼と結婚していたとしても、幸せとは縁遠い悲惨な生活を送っていたに違いありません。人生は色々です。幸せも色々です。常識や道徳も時代と共に変わります。人生は斯くあるべし!と決めつけるべきではない、と私は思っています。
でも、優しさのカケラもない彼の仕打ちはあまりにも酷すぎます。そんなオトコにいつまでも執着するのは一生の破滅です。きれいさっぱり忘れて、次にはあなたのことを大切にしてくれる人を見つけてください。謙虚な気持ちでお見合いもどんどんすべきです。この前にも言ったように、あなたには来年10月から再来年3月にかけて“幸せのきらら★”が巡って来ます。心配無用です。その時に備えて、その人のために自分自身に磨きをかけてください。いいですね!」

 

きらら(5/11)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。